平修(たいらおさむ)ブログ

私の作品やその他日記などを徒然とを書いています。

バランス調整

皆様どうも平です。

このところ変な陽気で雨で寒かったり日が照って暑かったり。

体調も今ひとつ上向きません。

(周りの方々も、世間一般でも皆さん不調なようですが)

睡眠も取れたり取れなかったり寝付きも悪いことが多いです。

一つに季節による一過性のものもあるのかも知れませんし、頓用のリスペリドンが元気の前借りをする作用があるのでそれの使いすぎもあるかも知れません。

何となく多用した後の虚脱感が今日はあります。

対処はたまに体と脳をオフモードにする事です。

休息のために遊ぶのもある程度までにしないと疲労の負債が貯まると思います。

なのでここ最近は息抜きと休息の2つのバランスについて考えていますが、とてもなかなか体が休まらず、正直上手な休み方はあまりできてないのが現状です。

何か上手い脳と体の休め方があればいいのですが、一番は睡眠がなかなか改善されない事です。

良い治療がないか模索し続けます。

繋がれない孤独に

どうも平です。

最近一人でいることは少ないのですが、急に一人になると猛烈な寂しさに襲われます。

それはきっと人と繋がりたいときに繋がれない孤独感によるものだと思います。

例えば通所帰りの帰路、その後の家にいる時間。

話す人がいない、ただそれだけで人はこんなにも心をかきむしられる思いをするのだなと思います。

これを通所先のスタッフさんに相談すると、「この寂しさを噛みしめる事でより人に優しくできたり、文学的に深みが出ますよ」と言われました。

確かに有名な文豪は孤独の何たるやを知っていそうですし、寂しさや孤独は別に悪い事でもなければ恥ずかしい事でもないはずです。

ともすれば少し、孤独を楽しんで噛みしめる事で向き合うことができるかもしれませんね。

繋がれない孤独感にはそれがいい特効薬です。

幻影

空想にふけり涙を溢したりしても、

あなたという華は咲かないんだ。

永遠がどれほど虚しいかなんて

誰も教えてくれないんだ。

独りの孤独に蝕まれるとき

世界は極彩の花束で火花を散らす

屈折した言葉だけが喉から漏れるから

哀しみを飲み込んでは

握りしめる拳を振り上げる

暗い影が幾重に重なったときに気づく

貴女とはただの空虚な

そう、理想の幻影だということに

ニ週間目

が、やっと終わりました。

緊張も解け、困ったら相談できる体制もでき、徐々に今の場所の全容が見えようとしてます。

相変わらず朝は辛いですがちゃんと起きてますし、滑り出し順調です。

あとはもっと人を観察する目を養いたいです。

今までは自分について掘り下げること。

これからは他人について考えられるようにしたいです。

先々のより良い生活のため生きる力を養いたいです。

良い流れ

皆さんどうも平です。

新しい場所に通い始めてニ週間目、通算6日目になりました。

少しずつ場に慣れてきて幾分緊張しなくなってきた次第です。

しかし安心したときこそ危険です。

まだまだ緊張糸は完全に切れません。

油断せず、困ったらすぐ相談できる様にしていきたいですし、前の場所で培った言いたいことを「溜め込まない」事に留意して、ゆったり進みたいです。

夕日の隠れんぼ

暮れ行く夕日が一日を締めくくる様に煌々と輝く。

張り詰めた嘘が壊れそうに蝕む心を揺り動かす。

仮初めの笑顔が殺した怒りに成り代わって。

何でも無い一日を締めくくる。

見えない裏の顔。

表っ面だけの平和。

後ろの正面だあれ。

何とか

最初の一週間が終わりました。

症状がバンバン出てきつかったですがとりあえず4日出れてトータルで見れば良い滑り出しと言えますね。

土日はゆったりしたいです。

ところで大分暖かくなってきてますね。

地元は26度くらいの最高気温。

既に夏の兆しかと言わんばかりです。

日も長くなってきて個人的には得した気分です。

そうなると少し活動的にもなれますね。

皆さんはこの時期どんな活動を思い描きますか?

自分は人と明るい気持ちで接して行きたいです。